京都市南区 ネズミ定期防除 (卸売会社)

当社は「京滋の害虫・駆除.com」の運営をしている株式会社マイジョリティサービスと申します。京都と滋賀を中心にゴキブリやシロアリ・ハチ・ネズミ・イタチなどあらゆる害虫・害獣駆除サービスを行っています。ウエブ集客に特化し、対応エリアを京都と滋賀に限定し自社施工することで、無駄をなくし低価格で高品質なサービスの提供を実現しています。

先日京都市南区にある会社に害虫駆除の定期防除へお伺いしました。こちらの会社は飲食店などに生鮮野菜や果実類を卸売りしている会社でしたので、衛生面には非常に気を付けているお客様です。こちらのお客様は以前当社の姉妹サイト「京滋の清掃会社.jp」で定期清掃をご依頼いただいた方でした。食材を扱っている会社様ですので、害虫に対するお悩みもあったようで以前害虫駆除を依頼していた会社と連絡がつかなくなったとのことで当社へご依頼いただいたのがきっかけでした。定期防除とはお客様の契約状況によって回数は変わってきますが、年に数回定期的に害虫被害にあわれていないか確認を行うことです。今回は3か月前に設置した毒餌や粘着シートの確認を行いました。定期防除は再度被害にあわれていた際にはシートや毒餌の取り換え、新たな侵入口の封鎖など全体的に行います。今回、全体確認をしていく中で害虫が侵入してくる可能性のある隙間を発見したため、防鼠ブラシにて遮断を行いました。

施工前

施工後

その後も確認を行いましたが、粘着シートや毒餌など変化なかったため作業は終了となりました。今回は異常はありませんでしたが、何か被害にあわれた際や異変を感じた際はすぐに対応にお伺いすることが可能です。

素早い動きで、あらゆる場所にあらわれるネズミは、経済面や健康面など人間の生活空間に入り込んで、さまざまな被害を及ぼす害獣です。ネズミは警戒心も高く、学習能力があるため危険を察知すると侵入経路を変えたり回避や防衛行動をとったりします。近年では繁殖力が高く、殺鼠剤が効かないスーパーラットと呼ばれるネズミも出現しています。ネズミの発生は経済的被害、衛生的被害、精神的な被害を引き起こす恐れがあります。ネズミによってもたらされる危険性を正しく把握し対策を講じることが被害をできるだけ抑えることにつながります。

今回のお客様のように、食料品や食材を豊富に扱っているお店では、ネズミにとって格好の食糧庫となってしまいます。もし、食材をかじられてしまえば、商品としては利用できなくなってしまいます。ネズミにかじられた食材は、当然廃棄するしかなくなってしまいます。貴重な食材を廃棄しなければならないというのは、経済的にも大きな痛手となってしまいます。また、ネズミに電気機器の配線をかじられたことが原因で漏電がおきたり、ショートして火災が発生することも多いのです。ネズミが原因で起きた火災は、火災保険の対象外になってしまいます。害虫や害獣が原因となる火災は、免責事項とされているため被害額は自己負担となってしまいます。火災だけではなく、ネズミがガス管をかじることでガス漏れを起こすなど、ネズミによる被害は非常に深刻です。その他、ネズミの通路や巣を作るために建物や家具をかじられる建物への被害、食品を入れている容器、衣類、植物などもかじるため食料を扱っているお店だけではなく、デパートや一般家庭、植林した木をかじられる林業、果実や畑を荒らされる農業、卵やヒナ鳥・飼料の被害を受ける鶏舎などネズミの被害は広く、計りしれない経済的な被害をもたらします。このような直接的な被害だけではなく、SNSが広く使用される近年では、ネズミがたった1匹でも発生しただけで、想定外の勢いで悪評が広まる恐れがあります。このような悪評を覆すのはとてもむずかしく、もし払拭できないまま長期化すると閉店に追い込まれる可能性も出てしまいます。  

コンビニエンスストアでネズミがいる動画が拡散され営業停止になりました

ネズミは警戒心が強いため、床下や屋根裏、下水溝など人目に付きにくい場所に生息しています。このような場所は不衛生で、そのような場所で生息しているネズミ自体もさまざまな菌を保有しており、菌やウィルスはフンや尿にも含まれています。ネズミは尿を垂れ流しながら動くという習性があるため、病原菌をまき散らしながら動き回っています。ネズミが媒介する感染症には、鼠咬症やアナフィラキシーショック、ハンタウイルス感染症、ラッサ熱、サルモネラ症、レプトスピラ症などがあります。また、ネズミに寄生しているダニなどを通じて菌やウィルスが人間やペットに感染することもあります。このような病原菌は、深刻な症状をもたらす病気につながることもあるので注意が必要です。また、ネズミが精神面に与える被害は不快感だけではありません。音に敏感な方は、ネズミの鳴き声や足音で寝不足で体調を崩したり、ノイローゼになってしまう例もあるのです。さらにネズミのフンや尿は悪臭やシミの原因にもなり衛生的、精神的にダメージを受けてしまいます。騒音や悪臭が続くとストレスの原因にもなり心因性の病気を発症してしまう可能性もあり、早めの駆除が重要です。

ネズミによる被害は店舗や家庭などの局地的なものにとどまらず、都市機能に影響を及ぼすこともあります。例えばインターネットのケーブルをかじったことによるインターネットや電話の不通、配電線にネズミが侵入して、ショートや停電の発生や送電線をかじったことによる停電などがあります。複数の家庭や地域の施設にかかわる電線やガスホースをかじられることにより、大規模な火災や爆発事故、交通被害が起こる危険性もあるのです。

ラットサインとは、ネズミがいるという証拠となるものです。ラットサインは天井の隅や柱、壁、家具などが発生しやすい場所にあらわれることが多いです。ネズミは体を壁にこすりつけながら、同じ場所を何度も通ります。ネズミの体には汚れや油が付着しているため、ネズミがよく通る壁や床には黒っぽいツヤのある汚れが残ります。また、ネズミはフンや尿を垂れ流しながら動き回る習性があるため、建物の中に黒い小さな糞が複数落ちていているのを見つけたら、ネズミがいる可能性が高いでしょう。その他、壁紙や家具、ケーブルなどがネズミにかじられた跡がないか確認してみましょう。もしラットサインを見つけたら、近くに侵入口になりそうな場所がないかを確認して下さい。通気口や換気口、キッチン・トイレの排水口、戸袋の隙間、電線・配管・壁の隙間以外にも庭の木の根元なども注意が必要です。穴を掘ってトンネルを作り室内に侵入することもあるためです。ネズミがいることが分かったら、駆除をおこないましょう。当社ではラットサインを調査し、それに応じた対策を行います。繁殖力が高いネズミを確実に駆除するためには、今回のお客様のように年間契約をオススメしています。駆除後もお客様との信頼関係を大切にしたいという思いから、多くのお客様と年間を通じてお付き合いをさせていただいております。

他のネズミ駆除の事例記事がございますのでよろしければご覧ください。

京都市伏見区 ネズミ駆除(ビル管理者様) 

滋賀県草津市 ネズミ調査(飲食店様) 

京都市伏見区 ネズミ駆除(アパート住民様)